芸能人の薄毛対策

薄毛解消で露出増えた!?

幅広い年齢層から福山雅治さんも、過去には薄毛に悩んでいる時期がありました。
あるCMではつむじのあたりがかなり薄くなり、地肌が見えている状態が確認できるほど。
これには多くの人が「ハゲてる?」と強い印象を与えるものとなりました。
ファンだけでなく事務所関係者や業界関係者も心配し、なんとハゲ疑惑について問い合わせが殺到するほどの事態にまでなったのです。ただ、その後、あんなに心配された薄毛もなかったかのように、ふっさふさの髪になっています。

福山雅治さんにハゲ疑惑があったときは、つむじのあたりが少し地肌が見える程度。
生え際がちょっとやばい感じがあるだけでなく、髪自体が細かったので、よけいに疑惑を強くしてしまったようです。

ハゲ疑惑の後、しばらく各種メディアへの露出が極端に減ったのですが、しばらくぶりに出てきた福山雅治さんは、以前のように地肌が見えるようなことはなく、逆にまったく見えずにぎっしりと詰まっている状態。それまで薄毛以外にもカツラ疑惑もありましたが、「龍馬伝」で坂本龍馬役を演じたことでカツラ疑惑を払拭。紅白歌合戦において、龍馬役で伸ばした髪の断髪式を公開するなどのパフォーマンスをした事も一役買っています。
ちなみに、福山雅治さんがパーソナリティを務めるラジオ番組では、ハゲ疑惑やカツラ疑惑に関して「いろいろとありますからね」と笑ってごまかしていたそうです。

この激変の理由は「植毛」
植毛には人工植毛と自毛植毛とありますが、福山雅治さんの場合は後者の自毛植毛を選択し、見事それに成功したといわれているのです。

福山雅治さんが成功させた植毛とは?

人工植毛は人工的に作られた髪を埋め込んでいきますが、自毛植毛は自分の髪の毛を頭皮に埋めていきます。髪の毛が定着すると、健康な髪の毛と同じように成長していくので、自分の髪で自然に増やすことができるのです。データでは定着率が90%となっているので、福山雅治さんの状態をみるに成功したと考えられます。

自毛植毛はどうしても高額費用となってしまいますが、福山雅治さんほどの資産の持ち主と事務所、そして業界全体のバックアップがあればそれも難しいものではありません。

ちなみに、自毛植毛ではいくらぐらいかかるのかというと、クリニックによって違いはあるものの、1本当たり500円~1,000円。1,000本の植毛をおこなうと500万~1,000万はするという、一般庶民では到底手が出せない高額治療です。1,000本という広い範囲にできそうなイメージがありますが、実際は10円玉1枚分ほど。しかも、医学的な都合から限られた面積しかできないのです。